とびひが薬を使わずに旅行中によくなった話その③

ケアのポイント

前回の続きです。
二男の急なとびひ、びわの葉を貼ってやり過ごすことにしました。

徹底的にケアしよう!

「びわの葉だけに頼るわけにはいかない!」
「徹底的にケアしよう!」

ということで

温熱器も持参し
お腹や足などしっかりと温め
整体マッサージもやり
梅肉エキスもたっぷり舐めさせて
冷たいものや甘い物は控えました

こんなに間食の少ない旅行は初めて(笑)

3日目の夜

そうやって過ごして

3日目の夜
ドロドロの下に
皮膚ができてきています!

とびひってかさぶたになって
よくなるもんだと思っていたけど

びわの葉を貼ると
うまく保護してくれて「湿潤療法」のようになるのかもしれません

4日目

そして4日目の朝
かなり皮膚がまとまってきました!

初日がこんな感じだったのですから
かさぶたになるより
回復が早いです!

とびひ1

それに、びわの葉を貼っていない膝のジュクジュクも
広がらずにかさぶたになってきています

膝は、本人は全然かゆくないらしい
傷口はほとんど良さそうでしたが
まだ少しプツプツができているのと
乾燥するとかゆくなるかもしれないので
そのままびわの葉ケアは続行しました。

5日後

そして5日後ほとんど乾きました

この時点で
二男も「びわの葉貼らなくても大丈夫」
というので貼るのはやめました

ここから乾燥して
いらない皮膚がボロボロと剥けてきて
もうすっかりきれいになりました!

4日、5日目あたりは
傷の周辺や手、膝に
小さな水泡がプツプツと湧いてきていたのですが

びわの葉を貼らずとも
翌日にはかさぶたになってしまいました
(びわの葉ローションは塗っていた)

どうやら
びわの葉を貼らないところの回復も早くなるみたいです

びわの葉の薬効は
やはりすごいですね


そして、なるべく乾燥させずに
保護しておいた方が
やはり傷は回復が早いのかもしれません
傷も洗わなくてもいいのかも・・・

しみるみたいだし、最近は消毒しない方がいいと言われていますね

とびひは、雑菌の感染によるものなので
(お肌の風邪のようなもの)
その菌に対する免疫がつけば
ジュクジュクしたものが
急によくなるようです

一気に勝利!みたいな感じね

抗生剤などで
菌を抑えると
皮膚の常在菌も弱るので
免疫がつくのに時間がかかるのでしょう

免疫のことを考えると
どうやら薬を使わない方が
早くよくなるみたいね

今回は
びわの葉+温活+整体マッサージのトリプルケア
徹底したので

病院行かずに
薬も使わずに
驚異の一週間で回復できました

たまたま
びわの葉を貼りやすい
肘の外側にとびひができたことは
とてもラッキーでした

(びわの葉はそこそこ固いので
肘の内側や膝の裏側には貼りにくい)

今回のことは
本当にいい勉強になりました。

とはいっても
皮膚ができてくるまでの
数日は心配と不安でいっぱいだったので
もう、ひどくなるのはゴメンです(笑)

薬を使わずに免疫力UP!

アトピーハッピーケア自然療法でした♪

ご予約は

053-577-0164

ナチュリカ湖西療術院まで

「ホームページをみて…」

とお電話ください。

ご予約フォームはこちら

LINEからご予約・お問い合わせもできます。
↓↓↓こちらからどうぞ

友だち追加
遠方の方はホームケアを学べます

お子さんのケアはこちら
アトピーっ子の自然療法講座DVD

大人のケアはこちら
オンライン相談もできます
大人のアトピー快方メソッド 

30代からのアトピーケアメール講座

タイトルとURLをコピーしました