ふとんやこたつから出られない

ブログ

昨日の名古屋は寒かった
家族で大須商店街へ遊びに行ってきました。
温かい日がつづいていましたが、昨日は冷えましたね。

寒いと活動が鈍くなります。
こたつやストーブの前から動けなくなりますね。
寒いと活動が鈍くなるのは、エネルギーが少なくなるからです。
ねこを見ていると、よくわかります。寒いときは寝てばかりです。
理由としては、本来細胞内のミトコンドリアがエネルギーであるATPを作るのですが、
身体が冷えていると(寒いと)熱産生の方へ使われてしまうからです。

では、寒くても活発に動けるようにするにはどうしたらいいのでしょう。

熱を作らなくてもいいようにする

ミトコンドリアが熱産生しなくてもいいように、身体を冷やさず、あたためることです。
そうすれば、細胞のエネルギーであるATPをミトコンドリアが作ることができます。

ミトコンドリアの数を増やす

エネルギーをつくるミトコンドリアを増やしてしまえばいいのです。
その方法は

  • 寒さを感じさせること
  • 運動
  • 週に1回一食抜くこと

身体(細胞)がエネルギーが足りない、と感じることがミトコンドリアを
増やすのです。

負荷をかける?

寒いから鈍くなっているのに、寒さを感じろ、とは矛盾していますが
自律神経を刺激するためにも、風邪をひかない程度に寒い刺激は必要です。
冬なのに、ずっとぬくぬくした状態でいるのも不自然です。
家にこもってばかりいないで、ウォーキングでもしましょう。
効果が高いのは、運動とプチ断食ですね。
きつめの運動をして、エネルギーを消費すること。
食事(栄養)が身体に入ってこない状況を週に1回つくること。
これはミトコンドリアを刺激するいい機会です。
胃腸を休めるためにも、プチ断食はいいですね。

世間は冷たいが、寝床はあたたかい

睡眠時は、寝床を温かくしておくことは重要です。
湯たんぽをお勧めします。
電気毛布などは便利ですが、身体が乾燥し、脱水してしまいます。
睡眠時に寒さを感じると、ミトコンドリアがエネルギーを作れませんし 睡眠の質も下がります。
細胞再生のための成長ホルモンも分泌が少なくなってしまいます。
疲れも取れにくくなりますので、睡眠の質を上げることは大切です。

寝床はあたたかくしておきましょう。

このブログでは、プロの施術家が日ごろどんなことを
気を付けたり、セルフケアをしているのか。
家族が調子を崩したりした時の対処法、
こんなことをすると、リスクが高まる
こんなことをすると、メリットがあるなど
医療情報も交えてお伝えするブログです。
『あなたが健やかで幸せな人生を歩む助けとなることを願って』
ご予約は

053-577-0164

ナチュリカ湖西療術院まで

「ホームページをみて…」

とお電話ください。

ご予約フォームはこちら

LINEからご予約・お問い合わせもできます。
↓↓↓こちらからどうぞ

友だち追加
遠方の方はホームケアを学べます

お子さんのケアはこちら
アトピーっ子の自然療法講座DVD

大人のケアはこちら
オンライン相談もできます
大人のアトピー快方メソッド 

30代からのアトピーケアメール講座

タイトルとURLをコピーしました