こころのスタンス

ブログ

今回は「こころ」のことについてお伝えしていきます。

天竜浜名湖鉄道・二俣駅・転車台

こころのスタンスはどっち

立ち位置というか、あなたの「ありかた」の話です。
今回は、車ではなく、運転で例えてみたいと思います。

あなたは車を運転しています。
場所は、住宅街。
なのでゆっくり走っています。
次の四つ角で左折しようとしています。
お巡りさんは、まずこんなところにはいません。
対向車もいません。
道を歩いているひとはいるかも。
《次の行動》
左折なので、左の方向指示器を出しますね。
対向車がないなら出さない人もいるのかな。

これ、合図を「出す」「出さない」の基準てなんでしょう?

「ありかた」にも通じることです。

住所街を歩いていると見かけますよね。
合図を出さずに、曲がってくる車。

こういうひとは、他人の目をとても気にしています。
だって、お巡りさんがいたら絶対出しますよね。合図。
捕まってはいやだから。
また、住宅街だと対向車がいても出しません。

私は、こういう人は自意識過剰だと思っています。
「きちんとウィンカーだすのは恥ずかしい」
「初心者と思われるのがいや」
とか。
よくわかりませんが。

そもそも、合図を出すのはなんのためでしょう。
道路交通法に定められているから?
そうかもしれません。

出す意味は、
「まわりに意思を示すため」
です。

意味と目的と手段

私はこれから左に曲がりますよ、ということを周囲に伝えるためですよね。

お巡りさんに捕まらないために出すのではありません。

だから、住宅街だろうと夜中だろうと出す意味があるのです。
自分以外の誰かが道に居るかもしれないから。
100%周囲にいないとわかっているなら、出さなくてもいいと思いますよ。
100%認識できたら。
夜中に見えますか?真っ暗なのに。
暗視ゴーグルでもつけて後ろ側も、車の視界範囲外も認識できますか?
私には無理です。

話がそれてしまいましたね。

なんとなく私の言いたいことは伝わったかな。
左合図を出すことが、
周りに伝えるためなのか
自分が捕まらないためなのか

見た目は同じ、でも

同じことをやっていても、思っていることが全く正反対ということが
おわかりでしょうか。

このスタンスをどちらにとるか

「私はこうしたい」という姿勢で日々行動していくのか
「こう見られたらどうしよう」という判断で行動していくのか

後者ですと、こころは日々揺れまくっています。
「他人の目線」を気にする生活は疲れます。

前者のように、
『わたしは世界にこう働きかけるのだ』
という生き方の方が楽しいと思いませんか?
こころの揺れだって小さいです。
矢印の向きでいうと、外向きになっているんです。
 ↑
← →
 ↓
日々の生活においても、例えば掃除ひとつをとっても
仕方なくやるのか、気持ちよくいてもらうためにするのか。
やることは同じでも、思いが違いますから
部屋に入ってきた人にはわかるはずです。

こういう想いは、あなたの人生に豊かさをもたらします。
見た目には同じ行動ですが、そこに込められた思いというのは
必ず伝わります。

なにか新しいことをする必要はありません。
同じことを、違った気持ちでするだけです。

このブログでは、プロの施術家が日ごろどんなことを
気を付けたり、セルフケアをしているのか。
家族が調子を崩したりした時の対処法、
こんなことをすると、リスクが高まる
こんなことをすると、メリットがあるなど
医療情報も交えてお伝えするブログです。
『あなたが健やかで幸せな人生を歩む助けとなることを願って』
ご予約は

053-577-0164

ナチュリカ湖西療術院まで

「ホームページをみて…」

とお電話ください。

ご予約フォームはこちら

LINEからご予約・お問い合わせもできます。
↓↓↓こちらからどうぞ

友だち追加
遠方の方はホームケアを学べます

お子さんのケアはこちら
アトピーっ子の自然療法講座DVD

大人のケアはこちら
オンライン相談もできます
大人のアトピー快方メソッド 

30代からのアトピーケアメール講座

タイトルとURLをコピーしました