ウォーキングの効果はもう十分かと。 20歩だけ、ある工夫をすると劇的に姿勢がよくなります。

ケアのポイント

ウォーキングの効果

よく歩くと血行が良くなり
新陳代謝を活発化し身体を温め、
細胞の若さを保ちます。

肩コリ首コリ持ちのひとは、
ウォーキングをすると楽になりますね。
これは、ウォーキングによって
手足をはじめ全身の筋肉が動かされ
凝っている部位に滞っている血液が
流れはじめるからです。

たまにいるのですが、筋肉が硬すぎて
動いているときは確かに楽なのだけど
しばらく動かないでいると辛くなる、
というタイプ。

こういう人は、筋肉自体をやわらかくすることが
必要です。
ストレッチやマッサージ・鍼灸などで
筋肉をやわらかくしていきましょう。

ウォーキングのメリット

ウォーキングをつづけることの
メリットをお伝えします。

ハーバード大などの調査では、
女性においては週に二時間以上歩く人の
脳卒中発症リスクは、
普段歩かない女性より30%低くなる
ということです。

さらに、脳卒中のうち死に至ることの多い
脳出血のリスクについて、普段歩かない人
より、週二時間歩く人で57%低くなるそうです。

血圧を下げる

ウォーキングにより、血中の血圧を下げるタウリンや
プロスタグランディンEという物質が増加します。

肝機能の改善

ウォーキングをしているひとは、AST(GOT)やALT(GPT)の値が
低いことがわかっています。

糖尿病予防・改善

血糖値を下げる効果があります。

体温が上がる

ウォーキングをすることで、体温も上がり
体の様々な機能が高まります。

気持ちが上がる

心理的にも気持ちが高まり、明るい気分になります。

腰痛 (タイトルに関係ある項目はここですよ。)

ウォーキングする時間がとれない、という場合、
20歩歩くだけで姿勢が整い、腰痛の予防になる方法を紹介します。

両手を広げ、手のひらを上に向けます。顔は少し上向き加減で。
これで歩くとかなり怪しい人ですが、(ミュージカル風?)
この体勢で20歩あるきましょう。
すると、下がっていたろっ骨があがり
背骨や骨盤が調います。
腰痛に効果ありです。

人前ではちょっとやりづらいかもしれないですが、
試してみると背が高くなる感じがあり、
腰も楽になります。
慣れると手を広げなくてもできるようになります。

このブログでは、プロの施術家が日ごろどんなことを
気を付けたり、セルフケアをしているのか。

家族が調子を崩したりした時の対処法、
こんなことをすると、リスクが高まる
こんなことをすると、メリットがあるなど
医療情報も交えてお伝えするブログです。

あなたが健やかで幸せな人生を歩む助けとなることを願って
ご予約は

053-577-0164

ナチュリカ湖西療術院まで

「ホームページをみて…」

とお電話ください。

ご予約フォームはこちら

LINEからご予約・お問い合わせもできます。
↓↓↓こちらからどうぞ


友だち追加
遠方の方はホームケアを学べます

お子さんのケアはこちら
アトピーっ子の自然療法講座DVD

大人のケアはこちら
オンライン相談もできます
大人のアトピー快方メソッド 

30代からのアトピーケアメール講座

タイトルとURLをコピーしました