戦いつづけて、やすみつづけて

ブログ

自律神経と免疫

自律神経が乱れると、冷え性だったり肩こり頭痛のぼせ
めまいなど、「不定愁訴」といわれることが起こりますね。

実はそれだけでなく、免疫機能とも関係が深いのです。

免疫機能は、自律神経にも左右される

免疫機能の主役は白血球です。
その白血球の数や働きは、自律神経の影響を受けています。

自律神経とは、人間の身体の内臓の働き、心拍や呼吸・体温調節など
調節している神経です。
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経は、簡単に言うと「戦闘状態」
副交感神経は、「休み」の状態です。

主に昼間などの活動時、緊張や興奮しているとき交感神経が優位になっています。
リラックスしているときや、横になっているとき、食事時などに副交感神経が優位になります。
人間は一日の内でも、交感神経が優位になったり副交感神経が優位になったりして
常にゆらいでいます。
それがパランスよく行ったり来たりしていればいいのですが、ストレスなどでずっと
交感神経優位だったり、寝たり食べたりしてばかりで副交感神経優位の状態がつづいても
免疫機能が低下してしまうのです。

白血球とは

白血球には、主に顆粒球とリンパ球があります。
顆粒球は54~60%、リンパ球は35~41%の割合を保っているのが正常です。
残りはマクロファージなどです。
交感神経優位になると、顆粒球が増えます。
副交感神経優位になると、リンパ球が増えます。
白血球が減るわけではないので、「問題ないんじゃない」と思われますが、
実は免疫機能が低下してしまうのです。

顆粒球とリンパ球

白血球の内の95%は顆粒球とリンパ球が占めています。
身体中を循環しながら、外界から侵入した異物や体内で発生した異常細胞を排除・処理しています。
顆粒球は細菌や古くなった細胞の死骸など、サイズの大きな異物を食べて処理します。
リンパ球は、ウィルスなどの微小なサイズの異物に対し、それらを無毒化する抗体を作って処理します。
このリンパ球の働きがいわゆる「免疫」ですが、実はリンパ球だけでは身体を守ることはできません。
顆粒球とリンパ球、さらに残り5%のマクロファージの働きが加わって白血球の免疫機能システムは
完成されているのです。
白血球チームのメンバー誰かがかけても、免疫は機能しないし
メンバーの比率が偏っても力を発揮できないということです。

戦いばかりだと

過度のストレスなどで交感神経優位になると、アドレナリンが分泌されます。顆粒球が増加します。
顆粒球は役割を終えるときに活性酸素を放出しながら壊れ、広範囲で組織破壊を引き起こします。
それとともに血管が収縮して血行も悪化します。その結果細胞の老化、血行障害が起こり、
ガン、心臓病、高血圧や便秘不眠など、病気が起こってくるです。

やすんでばかりでも

では、反対に副交感神経優位がつづくとどうなるのでしょう。
ストレス過剰の無理な生き方はだめですが、らくをして食べて動かない生活はなにがいけないのでしょう。
副交感神経優位の状態が続くとリンパ球が増えていきます。
リンパ球が増えすぎると、過剰反応を起こします。
本来は無害な少しの異物(抗原)にも敏感に反応し、粘膜にアレルギー反応性の炎症を引き起こします。
副交感神経優位になると、アセチルコリンの指令を受けて、プロスタグランジンというホルモンの分泌が
盛んになります。
プロスタグランジンは、傷ついた組織の修復に働くホルモンで、「血管を拡張」「知覚神経を過敏にする」
「体温上昇」という三つの働きをもっています。プロスタグランジンの活性が高まりすぎると
血流量が増え、知覚神経が過敏になって、痛みやかゆみが強くなったり、炎症が激しくなったりします。

何事もバランスなんですね、結局

以上のように、交感神経優位すぎても副交感神経優位状態がつづいても、免疫機能に異常が起こります。

日ごろの生活を振り返り、戦いすぎだったり、休みすぎなどを改めてみましょう。

その方法については、またお伝えします。

このブログでは、プロの施術家が日ごろどんなことを
気を付けたり、セルフケアをしているのか。
家族が調子を崩したりした時の対処法、
こんなことをすると、リスクが高まる
こんなことをすると、メリットがあるなど
医療情報も交えてお伝えするブログです。
『あなたが健やかで幸せな人生を歩む助けとなることを願って』
ご予約は

053-577-0164

ナチュリカ湖西療術院まで

「ホームページをみて…」

とお電話ください。

ご予約フォームはこちら

LINEからご予約・お問い合わせもできます。
↓↓↓こちらからどうぞ

友だち追加
遠方の方はホームケアを学べます

お子さんのケアはこちら
アトピーっ子の自然療法講座DVD

大人のケアはこちら
オンライン相談もできます
大人のアトピー快方メソッド 

30代からのアトピーケアメール講座

タイトルとURLをコピーしました