毛細血管がつまっているとこ!

今回は、毛細血管の話です

人体の毛細血管を1本につなげると、
およそ10万キロメートルになるそうです。
だいたい地球2周半ですね。

そして、人体の血管の99%は毛細血管です。
肌の細胞はもちろん、内臓や細胞は
この毛細血管から栄養と酸素を受け取り
老廃物を渡しています。
こうして細胞が活動し、人間は生きています。

ところがこの毛細血管、20代がピークで
30歳を過ぎるとつぶれたりふさがったりして、
減ってくるのです。

すると、細胞に栄養と酸素が行き渡らなくなって
いきますね。
新陳代謝が鈍くなって、いわゆる「老化」が
すすんでくるのです。

お肌の細胞も同じです。
毛細血管がつぶれたりふさがったりして、
減ってくると肌細胞への栄養と酸素の供給が
減っていきます。
角化細胞の機能が低下すると、
角質も少なくなってしまいます。

すると表皮ブドウ球菌の住むところがなくなって
反対に、黄色ブドウ球菌が増えることになります。

表皮常在菌のバランスが崩れて、
カサカサしたりジュクジュクになったり
いわゆるアトピー肌になってしまいます。

こうならないためにも、毛細血管に
しっかり血液循環していくよう
ケアすることが大切です。

そのためにも、3つのケアが必要です。

温めること

ゆるめること

姿勢を調えること

毎日すこしでいいので、続けることです。続かない場合は内容を変えましょう。無理があるからです。1日2分でもいいのです。小さな積み重ねが大きな結果につながります。

タイトルとURLをコピーしました