東洋医学的に考えてみよう

今日は、鍼灸師としての立場からお話しします。

問題解決には原因をまず知ることが大切です。

これは、何事においても共通だと思います。

では、本題に

皮膚というのは、人体における
外界との境界線です。
身体の、内側と外側をわけるところで
あるとともに、内と外の交流をはかる
働きもあります。

気温が上がれば、皮膚をひらき
汗を出すことで熱を排出します。
寒ければ、肌を引き締めて(鳥肌など)
熱の放散を防ぎます。

また、その一部が特殊化して、感覚器
(眼や耳、鼻など)になっています。

漢方では、「皮毛」は「肺・大腸」に
とても深い関係があります。

「肝病めば眼見ることあたわず。
腎病めば耳聞くあたわず。」

と古典にあり、これは肝・腎の外界との
関係性を示しています。

肝・胆→眼・筋

心・小腸→舌・血脈

脾・胃→口・肌肉(キニク)

肺・大腸→鼻・皮毛

腎・膀胱→耳・骨

こんな関係もあります。

漢方では、皮毛は肺大腸に属す
とありますから、排泄作用の不良が
皮膚疾患を起こすと考えられます。

ですから、便秘しやすい体質を
なおしていくことが大切です。

その原因として
腸の機能低下による消化不良。
腎・膀胱の体液調節不良。
肝・胆の解毒作用の低下などがあります。

排泄作用が低下すると、血や気(エネルギー)が
滞ります。

水分も滞るので、水毒となります。

消化不良の場合、栄養不足で、
気虚・血虚も起こります。

ちょっとわかりにくい言葉が
多かったですね。
漢方用語ですので、聞きなれませんね。
すみません。

DVDと特典動画では、もう少しわかりやすく
解説しています。
参考になれば、嬉しいです。

アトピーっ子の自然療法講座DVD【動画特典付き!】 | びわやくふshop powered by BASE
【ホームケアでお肌を快善し、健康になる方法があります!】◇湿疹がいつまでも治まらない◇毎晩掻いてしまい、なんとかしたい◇ずっと薬に頼ってしまうか、不安◇入学、入園までにきれいになりたい自身の子どものアトピーを長引く前に1歳台で、食事制限はほとんどなしにホームケアで改善させた鍼灸マッサージ師(国家資格)が開発した、アトピ...
タイトルとURLをコピーしました